このVJアプリEasyVJは、第一線で活躍するVJの声を取り入れシンプルでわかりやすい操作性を追求しました。アニソンVJなどの直感的で素早い操作が求められるVJプレイを実現するためのVJソフトウェアです。

EasyVJは下のリンクからダウンロードして下さい。

g45i/EasyVJ

ファイルを素早く検索してループ再生、外部プロジェクターに動画を全画面表示することができます。メイン画面には操作ウィンドウを、外部モニタには再生画面を分けて表示することができます。

Syphonに対応しているので、VDMX5(一番おすすめ)やResolumeといった人気のVJソフトに映像を送ることができます。またプロジェクションマッピングソフトで世界最大シェアを誇り世界標準であるMadMapperとつないで、本格的なプロジェクションマッピングをやることもできます。

1700480
一番おすすめのVJソフトはVDMX5です。理由は数あるVJソフトの中でも一番簡単で分かりやすい操作インターフェースで、初心者でもすぐに使い方を覚えられます。また機能もとても豊富で多彩です。プロジェクションマッピングも可能です。
20130604112759

Install

ページ内のClone or downloadボタンを押します。
img01
するとポップアップが表示されます。そのポップアップのDownload ZIPをクリックします。するとダウンロードが開始します。
img02
ダウンロードできたら、そのファイルをダブルクリックします。
img03
するとZIPファイルが解凍されて、フォルダができます。
img04
このフォルダを開くと中にアプリ本体があります。
img05

Usage

VJに使う機器は以下の3点です。
  • PC
  • HDMIケーブル
  • プロジェクター
これをつなぎます。
VJ機材

もしもPCにHDMI端子が付いていないときは、変換アダプターでHDMIに変換してプロジェクターにつなぎます。
img11
PC側がMini DisplayportまたはThunderboltの場合
414Oh9X88CL
この変換アダプターを使います。

PC側がUSB Type-Cの場合
150312_usbtypec1
この変換アダプターを使います。
EasyVJをダブルクリックします。
img05
すると以下のダイアログウィンドウが表示されます。OKをクリックします。
img06
システム環境設定をクリックして起動します。画面下のDockバーにあります。
img07
セキュリティとプライバシーをクリックします。
img08
このまま開くボタンをクリックします。
img09
ダイアログウィンドウが出てくるので、開くボタンをクリックします。するとEasyVJが起動します。
img10

検索するフォルダを選択

EasyVJが起動したらselectボタンをクリックして、VJで使う映像が入っているフォルダを選択してください。

ファイルを検索して再生

検索窓にキーワードを入れて、キーボードのreturnを押すか虫メガネのボタンをクリックしてください。するとファイル名にキーワードが含まれるファイルの一覧が表示されます。

ここから任意のものをクリックすると、直ちに再生が開始されます。

キーワードは複数入力できます。キーワードをスペースで区切って入力してください。すると全てのキーワードが含まれているものが表示されます。

Syphonで映像を他のVJソフトに送る

EasyVJはSyphonに対応していますので、VDMX5など本格的なVJソフトとつなぐことができます。起動した時点でSyphonは有効になっていますので、VDMX5など相手先のVJソフトでEasyVJからのSyphon映像を選択するだけです。
1

バグに関して

バグ報告はGithubのIssuesに投げてください。

スクリーンショット

チーム開発を変える「GitHub」とは?〜Issuesの使い方〜【連載第3回】 | SELECK